個別指導塾と家庭教師

個別指導塾と家庭教師の共通点

学校外で勉強を教わる方法として個別指導塾と家庭教師のどちらでするか悩んだときに、個別指導塾を選ぶことには色々なメリットがありますが、なぜ迷ってしまう人が多いのでしょうか。実は個別指導塾と家庭教師には共通点が多く、どちらが良いかを考えたときに判断しかねてしまいがちなのです。個別指導塾も家庭教師も生徒が講師からマンツーマン指導を受けられる仕組みになっています。授業内容についても個別に考えてくれる仕組みが主流なので、どちらも生徒の状況に合わせた適切な指導が実現されるのが魅力です。 また、個別指導塾も家庭教師も講師を選べるのが一般的です。マンツーマン指導を受けるときには講師と生徒の相性が重要になり、あまり話が合わないと指導効果も上がらなくなります。個別指導塾の場合にはミスマッチが起こっているときに他の講師に切り替えてくれるサービスがある場合がほとんどです。家庭教師の場合にも派遣を依頼している場合には他の人にしてもらえます。個人契約などで家庭教師に来てもらっているときには別の人を探して来てもらえば良いでしょう。このようなミスマッチの際の対策もしやすいという点でも個別指導塾と家庭教師は共通しています。

個別指導塾が選ばれる理由とは

家庭教師よりも個別指導塾が選ばれる理由には三つあります。一つ目は自宅を使わなくて良いからで、家庭教師に来てもらうとなると部屋をきれいにしておいたり、お茶菓子を出したりといった形で気を遣わなければなりません。個別指導塾なら教室で教われるので余計な手間がかからないのが魅力なのです。二つ目は講師の教育が行き届いているので失敗のリスクが低いことです。家庭教師の場合には特に教育や研修などを受けていないことがよくありますが、個別指導塾では講師のための研修が充実しているのが普通です。きちんとした教育態度を持っていて、安心して任せられる講師に巡り合いやすくなっています。 三つ目の理由としてノウハウが豊富なことが挙げられます。家庭教師は個人ベースでのノウハウしか持っていない場合が多いのに対し、個別指導塾では塾として持っているノウハウを講師に伝え、それを活用して指導をするという形が整っているのです。そのため、指導効果が上がりやすく、受験対策などの場合には合格のためのテクニックなども学ぶことができます。実績を伴っているノウハウなので信頼できるという面もあるため、個別指導塾を利用したいと考えるケースが多いのです。